FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
ロミオとシンデレラ、つー初音ミクさんの有名な曲がありますが。
それを百合歌詞に替え歌したのがあるんですよねー。

百合大好物な私にはもうタマランです。
いくつかVer.があるみたいなんですけど。
こういう派生が生まれるのが動画文化の面白いところ。

Twitterで教えてもらったんですよねー。
元動画は他にもあるけど、初聴きはこちら↓






今日探してみたら、他にもUTAUでカバーされてる方がいました。
そちらの方は、歌詞を自分流に変えてるみたいです。
そっちのほうも、かなり雰囲気出ててものすごく好みでした。

われらのおねーさん、穂歌サラさんも出てるし(;´Д`)ハァハァ




ラプンツェルという童話自体が、百合妄想を刺激する題材ですよね。
ラプンツェルの比喩を盛り込んだ百合ラノベがあったりしますし。
もう大好きすぎて死にそうなくらいの百合作家さんなのです。





歌詞を書き取ってみたので、続きに載せときます。

大元の、歌詞を載せてるサイト様がありました。
こちら↓

ウィッチとラプンツェル<ロミオとシンデレラ:替え歌>


その他、ウィッチとラプンツェルアンサーがこちら。

私の恋を閉じ込め朽ち果てさせないで
ここから連れ出して

そんな気分よ

王子様よ おやすみなさい
せいぜい いい夢を見なさい
端役はもう寝る時間よ

砕かれたガラスの足枷
御伽噺はみんな書き換え
ラストはどこまでいけるの?

結んだ心 離さないで
独りきりはもう嫌いなの
煌びやかな孤独なんかいらないから

知らない方がよいだなんて
綺麗なものだけ見せないで
全部見せてよ貴女にならば全てあげる 
私の…

ずっと恋しくてラプンツェル
高い塔など無意味でしょう
魔法はいつかは解けるの
茨達も枯れてしまうわ

逃げ出したいのマーメイド
泡沫(うたかた)になんてさせないで
キスでね 呪いを解いてね
貴女ならば 怖くはないわ

ねえ私と生きてくれる?

背伸びさせた私のせいね
罪と知らず手折ったネリ
今だけ私を許して

白い野薔薇を風が荒らし
紅い野薔薇が声を枯らし
今夜はどこまで行けるの?

悲しいほどに痛いほどに
好きになってたのは私でしょ
王子様は呪われたと嘆くけれど

白馬に乗って微笑む背に
隠してるそれは呪いでしょ
奪い去ってよ 私のウィッチ
月の果てより遠くへ

歌を響かせるラプンツェル
綺麗な髪などいらないの
いいのよ 切り落としたなら
悪い人はいなくなるもの

ずっと私もそうだった
もう12時だと嘘を吐いた
陳腐な絵本は終えるの
だってもっと愛してたいわ

ほら 私がここにいるの

私の心そっと覗いてみませんか
貴女のことで溢れかえっているでしょう
まだ頂戴よ もっともっとぎゅっと詰め込んで
いっそ貴女のこと以外は 捨ててしまおうか

結末が悲劇でも

大きな城は小さな牢よ
幸せなんかないの
どうしようこのままじゃ貴女は
悪夢に騙されちゃうわ

でも誰よりも欲張りな
王子様は今日も変わらず
そうよね?素直でいいのね
愛したのは憂う魔女でした

嘘をつきすぎた王子様
カエルへと変えられたらしい
どうしようこのままじゃ私も
いつかは咎められるわ

その日まで隣に居るね

--------------------------------------
UTAUで歌詞を変えてた方のVer.はこちら。

私の恋を十字に縛って焼かないで
どこにも行かないで…

そう願ってるの

王子様に おやすみなさい
美しい夢をごらんなさい
ここには 踏み入れさせない

香り立つリリィは白色(しろいろ)
御伽噺はみんな酷いの
魔女でも心はあるのよ?

伸ばしたこの手握り締めて
独りきりじゃもう飛べないの
棘だらけの箒なんかいらないから

知らないことがあるのだから
知りたいと思う ダメかしら?
貴女のことを それだけじゃなく 知ってほしい
私を…

ずっと恋しくてラプンツェル
高い塔へと閉じ込めたの
魔法で茨を生やすの
王子様も近付けないでしょ

駆け出さないでマーメイド
泡沫(うたかた)になんてならないで
脚はね呪いの証よ
解いてあげる怖くはないわ

ねえ私と生きてくれる?

背伸びをした貴女のための
甘い蜜は林檎と楓
焦がしたカラメルの苦味

白い野薔薇を腕に抱いて
紅い野薔薇が胸に咲いて
貴女は私に微笑む

悲しいほどに痛いほどに
好きになってたのは私だけ
いいのでもね 誰にも触れさせないから

白馬に乗って差し出す手は
美しく見える罠だらけ
守ってあげる私のノヂシャ
誰も居ない箱庭

歌を響かせるラプンツェル
綺麗な髪を切り落とした
ごめんね だけど怖いの
貴女がいつかさらわれそうで

きっと私は悪い魔女
もう12時だと嘘を吐いた
陳腐な絵本は閉じましょ
だって私も愛されたいの

ほら 私はここにいるよ

私の心もしも覗いてみたならば
貴女はどんな顔をしてみせるかしら
あの王子様と多分なにも変わらないでしょう
だけど貴女のすべてを願ってしまうの

許されなくてもいいよ

大きな海より
小さな陸に幸せはあるらしい
どうしようこのままじゃ貴女は
ここから逃げてしまうの?

でも私より欲張りな
王子様は今日も変わらず
素直になってもいいの?
愛したのはお姫様でした

嘘をつきすぎた王子様
カエルへと変えられたらしい
それならきっと私も
いつの日にか罰が当たるね

その日まで手をつないでて


--------------------------------------
貴女のことを 一人ぼっちになんてさせない
約束をするから

もう泣かないで

優しい魔女(ひと)おやすみなさい
いい夢が待ってますように
悲しいことはもうないから

窓をくるむ空は夜色
御伽話はみんなひどいね
貴女の心は映さない

張り巡らせた茨はそう
貴女が抱えた傷の数
貴女が呑まれないよう腕を伸ばす

優しく微笑う その下では
一体何を想ってるの?

全部知りたい なんて思うのは
ワガママなのかな
でも……

悪夢(ユメ)から覚めて茨姫
眠りの森にも日は射すわ
そのとき隣にいるのが
王子様じゃなくてごめんね

箱庭の中は不思議の国
綺麗な魔法が溢れてる
野薔薇が花開くたび
貴女はそっと目を細めた

その笑顔を見ていたいの

広く青い空を仰いで
草を踏んで走る憧れ
それもね
嘘ではないけど

四角く切り取った星空
五億の鈴の鳴らす歌は
貴女が教えてくれたから

私の髪を編み込む手が
震えているのに気付いたの
「心配ないよ」
そう笑って言ってみせる

追い詰められて
涙の池で溺れるのはもう嫌なんでしょ?
わかっているから
迷子のアリス
そんな顔しないで

切り落としましょう 髪梯子
広い世界への憧れも
だってね どんなものでも
貴女とじゃなきゃ
綺麗じゃないの

俯かないでお願いよ
私が自分で決めたこと
だってね 欲張りなのは
私だって同じだから

貴女を見失いたくないの

いつか貴女がくれた優しい目隠しは
貴女の心 見えなくしてしまいそうで
まだ不安なの?
私は消えたりしないのに

その瞳(め)を見せて
左手をぎゅっと握るから

私はここにいるよ

遠くの国より近くに
青い鳥は住んでるらしい
それなら この部屋の中
あっちこっちに隠れているね

魔法は解けたりしないから
時計が12時を過ぎても
明るい朝日が新しい魔法をまたかけてくれるの

絵本の続きを決めるのは
神様なんかじゃないはずよ
そうでしょ?
だから一緒に
望みのままの物語を

そう二人なら大丈夫


--------------------------------------
どれも雰囲気出ててサイコーっす。
スポンサーサイト
06/28|ニコニコ。コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

唯ぽ

Author:唯ぽ
唯っぽいどの中の人。
中の人は百合好きです。
春歌ナナさん・穂歌サラさん・mia子さんLOVE!

UTAぴあの
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。