上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
最近、どういう声がUTAUを通したときに映えるのか、ってことを考えてまして。
7月の夏UTA祭で、飴屋さんが「高音で声が細くなっている」というよなことをたくさん見たのがきっかけかな。

高音部で声が細くなるというのは、UTAUの宿命ではありますが、それが目立たない音源もあるじゃないですか。
マコとかMac音さんとか春歌ナナとか。
これらの音源って、なんというかしっかりとした声だと思うんですよね。
お腹から声を出している、とでも言うのかな。

こういう音源は、アタックのきいた強い声も落ち着いたしっとり声も、調声次第で自由に出せる。
逆に、もとが細くて遠慮がちな音源だと、しっとり声はできてもパワーのある声は出せない。
高音が細くなりやすいのも、発声が遠慮がちでお腹から声を出していない音源だと推測。


それらから考えて、強い声も弱い声も出せる汎用性の高いのは、腹式発声してる音源かなぁ、という結論に。
考えてみたらこれって結構当たり前の結論かもしれない…
声優、アナウンサー、歌手、義太夫、役者などなど、声を使ってお仕事する人はみんなお腹から声を出すってのを身につけてるんだろうし。

やっぱUTAUでも、発声練習とかがモノを言うんだなぁ。


んで、後はキーのこと。
これって実は重要で。
UTAUは原音より低いキーが苦手で、上は一オクターブくらいなら結構いける。
ので、女声の場合はC4~F4くらいで音源をとっておけば大抵の曲のキーはカバーできる。
アルトの音域も出したい場合はF3~A3くらいまであると安心。


結論。
汎用性の高い音源に必要なことは、
・腹から声を出す
・C4~F4くらいまでのキーで基本の音源をとる
・低い声も出したい場合はF3~A3くらいのキーもとっておく

こんな感じだろか。
スポンサーサイト

08/04|UTAU音源ファイルコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
こんにちは、おじゃまします!
私も初めて音源を録音したとき、同じことでいろいろ悩んだんですよ~
それで2月に、腹式呼吸も取り入れてしっかりした声を録ったり、低音も録ったりしたんですけど、今度はモモっぽくならなくなって困ったりもしました。
高音と低音を混ぜてUTAUで使ったときに、自然にするのは、まだ研究が必要みたいですね。

でもいろいろトライしてみるのは絶対無駄にならないですよね。
がんばってください、応援しています!
From: momoko * 2009/08/04 09:09 * URL * [Edit] *  top↑
うわぁ、momokoさんコメントありがとうございますー!

最初の頃のモモは、デフォ子のようにエアリーな雰囲気でしたが、最近はモモっぽさを残しつつはっきりした声の動画が増えてきましたよね!
モモは、やわらかい声で、それでいてお腹から声を出しているので、すごく使いやすいと思うんですよ。

最近だと、雪舞うPのこの動画がすごい気に入ってます。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7824438
From: 唯ぽ * 2009/08/04 12:36 * URL * [Edit] *  top↑
そうです。そうなんですよ。
あと、最近相性問題が目立たなくなってきたのは皆さんがいろいろ工夫して録音されているからなんですが、「テトに合わせてresamplerが改良された」ことも大きいと思われます。
From: ken * 2009/08/04 12:47 * URL * [Edit] *  top↑
>「テトに合わせてresamplerが改良された」

そーなんですか!
それは知らんかった。φ(。。) メモメモ
From: 唯ぽ * 2009/08/08 15:15 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

唯ぽ

Author:唯ぽ
唯っぽいどの中の人。
中の人は百合好きです。
春歌ナナさん・穂歌サラさん・mia子さんLOVE!

UTAぴあの
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。